蔵出し


19日朝6時に全員集合。おやぶんの挨拶、町内役員の挨拶


観音様の藏を空ける。左右には韋駄天像

全員観音様に一礼(組み立ての安全祈願) 

いよいよ藏に繋がる玄関が全開に 

一番奥が北觀音山が収納されている藏です。さぁどうぞ。」
 
木製の台車にフレームを乗せて運ぶ
部材の中で一番重い。(玉も重たいです)
 
   
 
道路に埋め込まれたつっかい棒穴
 
これが無いと山がずれて動いてしまう。
 
後ほど、櫓を一端横倒しにしてから松を差し込みます。
その時に重要なつっかい棒(松建ては次のページでご案内します)
    

順番通り、柱の凹凸を差し込んで行く
柱に符号が書かれているので間違える事は無い。
 

←アスファルトに埋め込まれた束の真上に
4本の柱が立つ