先ほど蔵から運び出した部材を

順序よく差し込んで行くと段々櫓が出来上がってくる。

プラモデルを組み立てるのと全く同じだ。
ひとつ違うところは、設計図が無いところだろう。
しかし大昔の車方から引き継がれた組み立ての段取りを
我々が伝授し、また後生にに引き継いで行かなければ
ならない。